GB350 Coming

GB350

以前から話題になっていて、このサイトでも度々触れていたインドのハイネスCB350がいよいよ日本国内向けとして「GB350」の名でリリース間近と報じられました。

フェンダーがクロームからマットブラックになってるなど微妙な違いはあれど、基本的にはハイネスCB350のまんま。公開車両のカラーもインドにはない色なのでフェンダーも含めて日本向けにいくつかのカラバリが展開されるのかもしれません。ま、そのあたりは間もなく詳細が明らかになってくるでしょう。

一つのポイントとしては車名を「GB」としたこと。これも以前から日本向けはGBを名乗るという噂があったんですけど、ホンダとして日本でGBを復活させる布石としてインドでCB350を作った、なんてことではないでしょうし、CB350が想像以上に反響がよくて、日本で導入するなら空冷単気筒は現在のCBイメージと大きく異なるからGBにしちゃえっ、くらいな感じではないかと(勝手な想像ですけどw)。実際、私らの世代ならGB250、GB400/500はバリバリ現役だった時代を見てきましたからGBを名乗るのに特に違和感はありません。逆にGBを知らない若い世代にとってはGBという響きは新鮮かもしれません。

個人的に気になってたもう一つが排気量。350ccという日本から見ると中途半端な排気量は当然インド市場に合わせた設定ですから、日本に導入するなら400ccまで上げてくるんじゃないか、あるいは250ccに下げてくるんじゃないか、というウワサもありました。しかし実際には排気量が変わることなく350ccのまま。あれだけのロングストロークエンジンならボアをちょっと広げて400cc化するのはさして難しいことじゃないのをしなかったのはコスト的なことか、あるいは排ガス規制が絡んでいるのかもしれません。個人的には今後の展開として400なんてショボいこと言わずに500~600ccくらいまで上げた正にビッグシングル!というGBも出してくれたらおもしろいな~と期待してます。インドでのライバルとなるロイヤルエンフィールドは500ccのラインナップもあるので、500化はありえなくもない?あとはスクランブラーモデル、あるいは本格ビッグオフロードモデル、なんてのも期待したいなぁ。

あとはみんなが気になるお値段。一部では50万円切るんじゃないかという期待を込めた予想もあって、生産がインドではなく国内かも?という話もあるのでそんなに安く抑えられるかは発表を待つとして、昨今はどのクラスのバイクも軒並み高額化してますから50万円前後であればコスパ的にもかなり魅力です。ハンターカブ並みにヒットバイクになっちゃうかもね~?

 

で、新型SR400はまだですか?(笑)

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)