CROSS CUB 125?

何の前触れもなく突然出てきたクロスカブ125のウワサ。

どこからリークされたのか、勝手な願望・妄想なのか、そのウワサの確実性もまだ微妙なところですが、C125という存在もあるので可能性としてゼロではないのかも。

 

5月1日にFBで偶然目にしてツイートしたこれ、普段リツイートされるようなことほとんどつぶやかないんですけど、ただ画像を転載しただけなのにこのツイートはかなり反応がデカかったです。この記事書いてる時点でインプレッションは55000を超えてますもん。現在クロスカブに乗ってる人、これからクロスカブ購入を考えている人、どちらにしてもこのウワサは相当に気になったということですね。

 

気になるのは実際にリリースされるのかもそうなんですが、リリースされるにしても125ってポジション的にどうなるんでしょう。

スーパーカブ110とスーパーカブC125は装備の充実度やクオリティ、もちろん価格差も含め、同じカブというカテゴライズでもほぼ別車種と言っていいほどに差別化されているのでそれぞれの存在意義というのはあると思うのです。

しかしクロスカブの110と125でどれほどの差別化が図られるのか。「クロス」と言うだけあってC125のようなキャストホイールの採用はないでしょうし、スマートキーもクロスカブというキャラクターとしては強いアピールポイントにはなりにくいでしょうし、予想CGのような外観的な差となるのがアップマフラーの採用程度でエンジンが125ccになっただけなら110の存在意義はほぼ無いと言ってもいいでしょう。その場合、110がラインナップ落ちして125にバトンタッチなのか、125は海外向け、110は国内向けという方向になるのか、どちらにしても微妙です。ただでさえカブに比べてクロスカブは割高なのに、C125より高いクロスカブになんてなったら商品力は逆に下がりそうですしねぇ。

個人的な願望としては、C125のエンジンがグロムベースですので、クロスカブに積む際にはカブ特有の遠心クラッチではなく、グロム・モンキー125と同じくマニュアルミッションにしちゃうってのはどうでしょう。遠心クラッチはカブシリーズの売りでもありアイデンティティでもあるので可能性はかなり低いとは思いますが、シティコミューターとしてのC125よりアドベンチャーバイクとしてのクロスカブなら遠心クラッチである必要もないわけで、そうなると免許の問題も出てはきますが、遠心クラッチの110、マニュアルミッションの125、という住み分けもアリかな~なんて思うのですがどうでしょう。

 

それにしてもこのウワサの出るタイミング、悪すぎじゃないですか?春~秋はバイク売るシーズンなのに、5月の段階で125のウワサが出ちゃったら110買うつもりだったのに125出るまで待つって人もいるんじゃない?秋のモーターショー直前までシークレットにしておかないとねぇ。逆にこのタイミングで出るってことは信憑性低いとか?(笑)

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.