酷道352号-クロスカブでアタック

クロスカブ

土曜日はクロスカブで奥只見方面へ行ってきました。

奥只見は2年ほど前に国道352号線の枝折峠までスポーツスターで行って、その時は枝折峠でUターンして帰ってきましたが、一度県境越えして352号線を攻略してみたいと前から狙っていまして、タイトな道が多いことを考慮して今回はスポーツスターではなくクロスカブでチャレンジしてきたのでした。

 

クロスカブ

雄大な山の風景はとても素晴らしいです。小さなバイクでトコトコ走ってるとこの山々と比べて自分のスケールの小ささを感じます。しょーもない悩みなんてどうでもよくなってきますね(笑)

 

クロスカブ

しかし、枝折峠も越えてひたすら走るも、まるで終わりが見えません。

 

クロスカブ

奥只見湖を横目に走り続け、そろそろ自分の見込みが甘かったことに気付きます。

 

クロスカブ

352号線はこんな「洗い越し」と呼ばれる道路上を横切る川がいくつもあったりして、道幅が狭く、カーブもタイトということでいわゆる「酷道」と称される道なのですが、そういう面もさることながら、この距離の長さがかなり酷ですよ。

もちろん途中にコンビニやガソリンスタンドなんかないし、休憩できるポイントすらロクにない。魚沼でガソリン満タンにして燃費のいいクロスカブだったからよかったものの、スポーツスターでは途中でガス欠になっていた可能性大。タンク容量の少ないバイクで行く際は充分ご注意くださいませ。

 

クロスカブ

352を抜けてからもGoogleマップのナビにとんでもない山奥まで連れていかれたりして、この日はもうお腹いっぱい山道を走りました。

丸一日走っておもしろかったけど・・・352号線はもうしばらく行かなくていいかな(笑)

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)