【クロスカブ】再度スプロケ交換

8月に14Tから15Tに変更したクロスカブのドライブスプロケット。ダメモトで試してみようと今度は16Tに交換してみました。

上の写真は左から14・15・16。

比べてみると14と16ではかなり大きさが違いますね。

 

交換自体はいたって簡単。前にもやってるのでスムーズに終わりました。

懸念であったスプロケットガイドプレートは16Tでもなんとかギリギリでクリア。空回しでも走行でも干渉してはいないようなのでしばらく走ってみてから再度干渉してないかチェックします。

 

そして実走テスト。

予想通り出足では15Tに比べややもっさりした感じはあるものの、非現実的なレベルではなく充分実用範囲です。むしろ個人的には丁度いいくらい。1速で超微速走行でもしない限りはまったく問題ないかと。

高速域は当然回転数が下がるので巡行はラクです。15Tではメーター読み65km/hくらいから上はエンジンが頑張ってる感じが強くなって実質60km/h巡行程度かなというところだったのが、70km/h巡行でもイけるかな~というくらいになりました。どのみち原二はMAX60km/hなので16Tであってもその程度で走ることにはなりますが、今までより低い回転数で巡行できる分、気持ち的にはラクですね。登りはまだそれほど急勾配で試してはいませんが、バイパスの登り程度ならまったく問題なく加速していけるし、4速で失速するほどの勾配ならシフトダウンすればいいだけのことなので実用的には問題ないかと思います。

あとはしばらく乗ってみてですね。

やっぱ15Tの方がいいやってなっても交換するのは簡単だし。

 

・・・と、ここで書いたのはあくまでも私の主観です。ネットで様々な意見を見てると15Tと16Tでは賛否が大きく分かれてるっぽいので、他の方が16Tで同じように感じるかはわかりません。ドライブスプロケット自体はそれほど高くないですし、交換も簡単なので実際にご自身で違いを確かめるのをお勧めします。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)