【250TR】USB電源追加

250TR

今やバイクにも必須になったUSB電源を250TRにも追加しました。

使ったのはこれまで何度も使って信頼性の高いDAYTONAの1ポートUSB電源キット。

今はブレーキスイッチから電源取るタイプもあって、息子のFZS25にはそれを使ったんだけど、250TRだと配線ほとんどモロ出しになっちゃうので、できるだけ目立たないようにバッテリーから電源取るタイプでスポーツスターと同じようにステム横にUSBポートが来るように設置しました。

 

250TR

メインフレームに沿って後ろまで配線を引かなきゃなのでちょっと面倒でしたがタンクも外します。タンク付けたままでもできなくはないんでしょうが、外した方が圧倒的にラクです(そのためにガソリン少な目になるように調整しておいた)。

 

250TR

バッテリーから電源取ると常時電源になってしまうので、ヒューズ付近のアクセサリーからプラスを取ります。これもいつものパターンです。

 

250TR

この電源キットの難点は配線がかなりボリュームあること。タイラップで縛って隙間に押し込みましたが、250TRはシート下のスペースに余裕がないのでこれだけでもギリギリなくらい。今まで使ってきた経験としての信頼性でこのキットばっかり使ってますが、次はもっとシンプルな配線のを探してみましょうかねぇ。

 

250TR

USBケーブルとiPhoneを繋いで充電されるのを確認したらOKです。USBケーブルはスポーツスターで使ってたのが長さ的に丁度良かったのでそのまま継続使用します。

 

作業的には何ら難しいことはないのですが、この時期はとにかく暑くてガレージでちょっと作業するだけで汗だくで、それがイヤでしばらく先送りしてたんですが、涼しくなるの待ってたら秋になっちゃうので意を決してやっちゃいました。

アナログの名残があるバイクでもやっぱり今の時代にコレは必要ですね。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)