HURST Shifter取付


ステアリングを変えたら次はシフターの交換です。

Type-3のシフターは純正だとマッシュルーム型のシフトノブが特徴的ですがウチのType-3は購入時から年季の入ったトップにシフトパターンの付いた丸型のウッドノブに変えられていました。ま、購入時からストックシフターのまま行くつもりはなかったのでこれはどうでもいいです(笑)

 

根元のブーツを外すとType-1とはベースプレートが異なることがよくわかります。このベースプレート外周にブーツがはまり込んでシフターを留めるボルトが見えないようにカバーされる仕組みなんですね。Type-1より上級に位置づけられたType-3ならではの作りということでしょうか。

 

それも外してしまえばType-1と変わりません。

 

で、使うシフターはOVALでもフィールやルックスが気に入って使ってたTハンドル型のナゾなHURST。

純正では微妙にType-1と異なるType-3のシフターも社外に関しては共用なので取付自体はまったく問題ナシです。

 

グリスアップしてボルトを留めればあっという間に交換完了。調整もすぐ決まりました。

 

しかし、ストックシフターのベースプレートがなくなったことでカーペットの切り口が露出してしまいちょっとみっともないので、ここをカバーするプレートを作ります。

 

一旦シフターを外し、台座から型を取って周囲10mmくらいの幅で広げたプレートを制作。OVALのシートを張り替えた時に予備で買っておいたチャコールのビニールレザーを巻きました。ヘタクソなのは自覚してます(汗)

 

プレートをTハンドル側からくぐらせてシフターと一緒に共締めして完成。カーペットの切り口はうまく隠せました。ついでにシフターを留める前後のボルトもステンのヘックスに変えてみました。

 

再度調整してシフター交換は完了です。

欲を言えばレザーは真っ黒かベージュ系の方がマッチしたかなぁとも思いますが、まぁまぁ違和感ない感じで取り付けできたんではないでしょうか。

フィールは当たり前ですがOVALの時と変わらず節度のあるタッチでなかなか良いです。

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.