T-Bar取付け


以前、オークションでT-Barを手に入れていたので、せっかくなので付けてみることにした。

作業的にはWバンパーを外してT-Barに変えるだけの簡単なもの(むしろ磨く方が時間かかった・・・)。

問題なのはナンバープレート。

T-Bar化している皆さんはナンバーの取付けには色々工夫してるようで、中にはナンバーレスの人も多い。

もちろん付けない方がカッコいいのは充分承知だが、こんなコトでキップを切られるのもイヤなので、簡単に脱着できるB/Kをオリジナルで製作することにした。

B/Kの構造は、1.5mmのステンレス板をレーザーで切り出したものを曲げただけの極めて単純なもの。簡単な図面を書いて、近所の加工屋作ってもらった。

ちなみにステーを組替えれば左右どちらにも対応できるようになっている。
取付け自体もT-Barと共締めするだけ。これならShowやRaceの時などは簡単に外せる。

T-Barは今後もこのスタイルを貫くというワケではなく、気分転換のようなもの。なので、バンパーステーの穴はいつでもWバンパーに戻せるように埋めないままにしておく予定。

でも、走ると車体が軽くなったのが実感できるくらい違う(非力な1200のせいもあるが)。

Wバンパーって重いのね・・・。

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.