PRA OPENING NATIONALS with IGNITE SPEED TRIAL


2009年PRAシリーズの初戦。

この春から高速道路のETC割引が始まったということで、初めて高速を使って仙台へ行きました。下道より若干距離は伸びるものの時間はほとんど変らず、何よりも疲労度が全然違います。しかし暖かかった昼間と違って冷え込んだ夜に毛布1枚ではロクに寝れず、朝の体調は今までとあまり変らず・・・・。

そして迎えた当日は日が昇ると共に気温も上がり、絶好のドラッグレース日和。いつも一緒に走ってるえんどーくんが今回はニューエンジンが間に合わず新潟からは私一人のエントリー。えんどーくんはクルーとしてサポートしてくれました。仕様はいつものようにエアクリとファンベルトを外しただけで、去年と違うのはマフラー・タイヤ・バンパーの有無くらい。

まずは予選。1本目はRT 0.799・ET 16.565、2本目はRT 0.872・ET 16.023と微妙なバラツキ。バンパー付いてタイヤもデカいのに変えた割にはそれほどタイムは落ちてません(伸びてもいないけど)。ジョイントの方に初めての人が多かったみたいで進行がやや押したため残念ながら3本目はナシで、この2本のタイムを参考にタイム申告です。2本目がタイム伸びてるので午後は15秒台入るかも?という予想もありながら、いやきっとマグレでしょってコトで2本目よりやや遅めの16.100でダイヤルイン。もし速かったとしてもゴール前でアクセルを抜いて調整する作戦です。

午後のトーナメントは以前にも走ったことのあるカルマンギア。相変わらず皆さんより遅い私が先に出て、追ってくるカルマンから逃げ切り・・・・と思っていたのにゴール寸前で抜かれてしまいました。しかし結果は相手のブレイクアウトによっておこぼれで2回戦進出。タイムはRT 0.725・ET 16.666で申告より0.566も遅いじゃん!

続く2回戦。相手のへーゆーさんは前日の練習走行から自己ベスト更新しまくりで絶好調の様子。対する私はこのままでは申告タイムに遠く及ばないのでブレイクアウト覚悟で全力疾走したつもりだったのに、またもやゴール直前に鼻差で抜かれて2回戦敗退でした。タイムはRT 0.742・ET 16.431。1回戦よりはいいけど今回は完全に申告タイムの判断ミスですな。あとはタイムのバラツキ・・・・。まだまだ修行が足りないようですな。

結果は残念でしたが、各クラスのウイナー同士で争う「トップエリミネーター」というのも初めて見れたし、冬を越して久しぶりの仙台、そしてあの空気はとっても楽しかったです。次回のJUNE NATIONALSではリベンジだぁ~!

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.