Fフェンダー板金


購入当初から兆候はあったが、いずれオールペイントをと思いつつ放置していた左Fフェンダーの腐食がいよいよシャレにならないレベルになったので、HYDEPARKにて補修をお願いすることにした。

まずは現状。

ブレットウインカーを中心にボッコリとパテが浮き上がって一部ペイントまで割れている。もう下地がどんなことになっているのか想像に難しくない状態。

ペイントとパテを剥がしてみると案の定・・・・と言うより想像以上。鉄はほぼ失われてパテと塗装膜だけで形を保っていたようなもの。完全に向こうが見えちゃってます。過去の経緯はまったく不明ですが、以前に安易な板金が施されていたのかもしれません。

いや、笑い事じゃないですよ~。あなたのVWも同じようにボッコリしてたら中身はきっとこんなです。

当然そのままではムリなので思い切って切開します。

鉄板を叩き出して切開部分を補うパネルを新規製作。ライト廻りは微妙な凹凸ラインになっているので職人の腕の見せ所ですが、さすがです。この後は、パネルサイズに合わせて更にフェンダーを切開して溶接していきます。

しかし、最近はこういう叩き出しができる職人さんが少なくなりましたよねぇ。そこらのフランチャイズ系板金屋さんでは絶対ムリです(つか、絶対断られる)。

ブレットウインカーのベースマウントもリペアし、見事復元されたフェンダー。もちろんブレットウインカーのハウジングもリペアし、いよいよ最終仕上げに。

今回メインのココ以外にもサビが出ていた箇所があったので合わせてリペアしてもらいました。

そして仕上がりがこちら。ペイントしてしまえばわからないが、かなり手間をかけただけあって仕上がりは文句ナシ。もちろん防錆処理もしっかりと施してあるのですぐに再発することはないでしょう。

ここまで手間をかけてレストアするよりフェンダーを変えてしまった方が遥かに安上がりなのは間違いないのだけれど、面倒な作業をお願いしました。

HYDEPARKさん、ありがとうございました~♪

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.