ココスマット


ウチのType-3はフロアカーペットがTMIのベージュです。

ベージュを使うと決めた時点で乗ってとすぐ汚れてしまうのは予想できたのでフロアマットが必要だと探してみたのですが、Type-1に比べてType-3用フロアマットは選択肢が非常に限られます。Type-1もそれほど多くはないけどType-3だと専用品は1種類くらいであとは汎用品を使うくらいしかありません。

せっかくカーペットがベージュならフロアマットもベージュ系で揃えたいのに、唯一の選択肢も色や柄がベージュのカーペットにはまったくマッチせず、困り果てた末に辿り着いたのがGARAGE VINTAGEさんのココスマット。

素材・色も複数から自由に選択でき、縁やヒールパッドのコーディネートも可能なオーダーマット。当然既製品よりは割高にはなりますが既製品も決して激安ではないので、内装にマッチしないフロアマットに中途半端なコストをかけるより、もう少しプラスして納得できるコーディネートができることを考慮すればそれほど高いとも言えないんじゃないでしょうか。また、フロアマットはどうしても運転席が一番早く痛むものですが、既製品は4枚セットでバラ売りはしてくれないので1枚痛んだだけでほぼ無傷のリア用まで含めてセットで買うのも不経済。セットよりはまた割高ですけど同じ仕様でフロント2枚だけ、運転席1枚だけなどの制作も可能(使った素材がラインナップ落ちしてなければですが)だそうなので、長期的に考えれば逆にリーズナブルかもしれません。

で、色と素材をどうするか。幸いなことにお店側にTMIのサンプル生地があったので、それとベージュ系生地を比較した写真を送ってもらってココ生地のベージュをチョイス。縁は生地に合いそうな色ということでお任せし、ヒールパッドは無難に黒のラバーにしました。

そして待つこと約1ヶ月。できあがったココスマットを敷いたのが冒頭の写真。厳密にまったく同じ色調ではないかもしれないけれど、ほぼ違和感ないくらいに色味はマッチしています。もちろん形もしっかりフィット。Type-3ではLHD・RHDの他、助手席のフットレストナシも選べるそうです。

あと、このマット、すごーく作りが重厚と言いますか、厚みもかなりあるし、驚いたのはその重さ。一般的なフロアマットの3倍くらいはあるんじゃないかというヘビーウェイトで、運送屋さんから受け取った時はフロアマットだとは思わなかったくらい。ココ生地も一般的に流通してるものよりかなり丈夫そうな作りで、お店には運転席が痛んだら1枚だけお願いするかもしれませんとは言ったものの、私のように毎日は乗らない使い方だと運転席でも楽勝で10年以上は持ちそうな感じ。クルマ変える方が早いかもしれませんね(笑)

既製品で満足できない方にはオススメのフロアマットです。

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.