1968 VW Type-1


ジャンクヤードから引き上げてきた’68ディーラー車で空冷VWに復帰です。

引き上げてきた当初はかなり醜い状態で、更に強制抹消までされていましたが、「新55」ナンバーを生かすためになんとか復活させ、その後、オールペイント&エンジンO/H。

しかし前のMINIの反動からか基本的にはオリジナルのままで、スワップミートで購入した通称「カブトムシホイール」を履かせた程度。エンジンもH型1500ccの完全ノーマルでした。

ちなみにこの’68には隠れたレアアイテム・’68オンリーフロントバンパーが付いていましたが購入当時からぶつかって歪んでいたので’69以降のバンパーに交換し、その外したレアバンパーは所属していたクラブの方が苦労のレストアの末に復活させ、今でも彼の’68のフロントを飾っています。

この’68は自分的には比較的長く乗った方だったのですが、突然のミッショントラブルで熱が冷め、売却することに・・・。

(所有期間:1996年11月~2001年10月)

 


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.